本文へスキップ

嘉村建設は島根県出雲市で土木工事を専門とする建設会社です。

TEL. 0853-48-0130

〒693-0105 島根県出雲市宇那手町355

会社案内COMPA

会社概要

会社名
有限会社 嘉村建設(かむらけんせつ)
本社所在地
〒693-0105
島根県出雲市宇那手町355(しまねけん いずもし うなてちょう)
→アクセス
TEL. 0853-48-0130
FAX. 0853-48-0168
資本金
32,000,000円
創立
1973年(昭和48年)2月10日
建設業許可
特定建設業島根県知事 許可(特−30)第6269号
許可業種
土木工事業、 とび・土工工事業、 解体工事業
産業廃棄物最終処分場
(安定型・ミニ処分場)管理・運営
産業廃棄物収集運搬許可
島根県知事許可 許可番号3200012577
米穀の出荷又は販売の事業
農林水産省認可
主な加入団体
一般社団法人 島根県建設業協会
一般社団法人 出雲市建設業協会
・島根県土木施工管理技士会


会社方針

企業理念

1.郷土の発展
 
 私たちは、地域の人々が心豊かで安心して暮らせる環境づくりを通じ、郷土の発展に貢献します。   


2.幸せの実現
 
 私たちは、仕事を天職として心得、これを迷わず、疑わず、最善を尽くして努力し、物心両面の幸せを実現します。


3.企業の繁栄
 
 私たちは、お互いの個性、能力を認め一致団結し、技術の革新と創造で永続発展する企業を目指します。




行動理念

1.本気                          
 
 手を抜いたりまあまあでなく「いつも全力で」

2.元気                          
 
 体調を管理し「いつも明るく前向きに」

3.勇気                          
 
 困難から逃げず「積極的にチャレンジを」

4.根気                          
 
 結果が出なくても「あきらめずにコツコツと」

5.やる気                          
 
 好き嫌いで判断せず「どんなことでも意欲的に取り組む



ご挨拶

CEO  私どもは、島根県出雲市に昭和48年「かむら重機」として創業して以来、地域社会の発展と、社会資本の充実に献身し今日に至っております。
 これもひとえに多くの皆様からの温かいご愛顧、ご支援、ご指導の賜物と深く感謝いたしております。

 近年、社会の変化は早く、お客様のニーズや期待も多様化、高度化しておりますが、私どもはこの変化を的確に捉え、技術と誠実さを大切にし、経験と実績の上に新しい価値を創造し、時代の要請に答えて、豊かな社会づくりに貢献できるように努力を重ねる所存でございます。
 これからも一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
代表取締役:嘉村 栄二


沿革

1973年(昭和48年) 
嘉村重機として創立
1988年(昭和63年)
島根県知事許可(一般建設業)取得
1991年(平成3年)
個人企業から会社組織に変更 有限会社嘉村建設(資本金1,000万円)
1991年(平成3年)
産業廃棄物最終処分場(安定型・ミニ処分場)運営開始
2004年(平成16年)
ISO9001 取得(品質管理及び品質保証に関する国際規格)
2004年(平成16年)
出雲市水道事業 指定給水工事店
2009年(平成21年)
米穀の出荷又は販売許可 取得
2012年(平成24年)
資本金3,200万円に増資
2016年(平成28年)
新社屋竣工
2019年(平成30年)
特定建設業許可 取得


一般事業主行動計画の公表

2015年に「女性活躍推進法」、2017年には「育児・介護休業法」がそれぞれ成立・改正となり、施行されました。  

当社でもこの法律に基づき、労働者が仕事と子育てを両立できるような環境を整備する一端を担い、その支援対策として以下のような「一般事業主行動計画」を策定し、目標達成を目指して取り組んで参りました。  

【当社の取り組み】
当社では、平成301月〜令和 33月までのおよそ3ヵ年にわたり、会社の実情に合った行動計画を策定しております。現在は、当初設定した行動計画を終了し、次期の目標達成に向け、推進中です。

下記にこれまでの行動計画の目標と達成に向けた取組み、そして新たな目標をご紹介します。

◆行動計画(平成30117日〜令和 3331日)
「社員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境をつくる」

(目標1)
子どもの出生時に父親が取得できる休暇制度を導入する。

〈対策〉
・平成303月 制度の詳細に関する検討開始
・平成306月 就業規則の改定を行う

〈取組実績〉
社員からの意見に基づき、検討会議を経て就業規則の改定を行いました。

男性社員の妻が子を出産するにあたり、特別休暇として年次有給休暇とは別の有給休暇取得が可能になりました。


(目標2)
小学生未満の子を持つ社員を対象とする短時間勤務制度を導入する。

〈対策〉
・令和 元年3月 制度の詳細に関する検討開始
・令和 2年6月 就業規則の改定を行う

〈取組実績〉
当初予定では、平成31年からの検討開始としておりましたが、新規社員雇用の伴い、早急な検討見直しが必要となりました。そこで、次期を前倒して平成309月より検討を開始いたしました。その後、就業規則の改定に加え、新たに「短時間正社員規程」を設け、平成3012月より施行いたします。これに伴い、当初目標に掲げていた「小学生未満の子を持つ社員」に対象を限定することなく、子育て世代の女性活躍推進へもつながる取り組みがなされることと思われます。

  

 働き方改革に伴う、改善のための更なる目標へステップアップ  

◆ 次期行動計画(平成30年11月1日〜令和 33月31日)
(目標1) 育児・介護型在宅勤務としてテレワーク利用率の向上

 『所定労働時間の30%まで可能』

(目標2) 所定外労働の削減のための措置の実地

(目標3) 年次有給休暇の取得促進を図り、年10日の取得確保を目指す  

〈取組〉
・テレワーク制度について理解がより一層深まり、利用率向上につながるよう社内研修および環境整備を行う。
・ノー残業デーを年1回設ける
・従業員に対する年次有給休暇取得促進を促す広報活動を行い、社員それぞれが年次有給休暇を計画的に取得できるよう推進する。

・平成314月からの年次有給休暇取得義務化が計画的に行われるよう、個別付与体制を整え、就業規則を改定する。


バナースペース

有限会社嘉村建設

〒693-0105
島根県出雲市宇那手町355

TEL 0853-48-0130
FAX 0853-48-0168

  •